実際に出会った体験談

失恋女子は出会い系サイトにウヨウヨいるぞ!かんたんにヤレた体験談

投稿日:12月 2, 2017 更新日:

男性よりも女性の方が失恋した後の立ち直りが早いようです。まいどです、ヒロケンです。

女性は失恋しても、次の相手を早急に探すことによって悲しみを忘れるのだそうです。

出会い系サイトはそんな失恋女子の駆け込み寺になっているのです。

そして出会い系ナンパ師の僕、ヒロケンはそのチャンスを逃しません!

これまで何度が失恋直後の女性と出会い、エッチを重ねてきたのです(笑)

今週出会ってエッチした女性(りなちゃん)も、23歳の失恋ホヤホヤ。

メールの反応はイマイチでしたが、実際に会って話すと、コロリと落ちてくれました。

掲示板から「失恋女子かどうか?」を察する

ただし、サイトの掲示板や送られて来るメールの文面で、女の子が失恋直後かどうか?を見分けるのは難しいです。

一つだけ言えることは、失恋直後の女の子は決まって自信なさげ」「という共通点があること。

「あんまり可愛くないけど」とか「面食いですか?」とか、「・・・」が文章に多い女性も可能性大ですね。

そんな自己流の判別方法を武器に、掲示板を散策してりなちゃんを見つけました。

「とりあえず食事でもどうですか?日時は合わせますよ」

というような軽いタッチでアプローチすると、すぐにLINEのIDを入手することに成功!

翌日アポを取るまでに至ったのです。

「1週間前に彼氏と別れて・・・」から話はスタート

リナちゃんの住んでるところから近いということで、秋葉原のヨドバシ前で待ち合わせました。

その日は人が多くてごった返している状態で、待ち合わせることができるか心配でしたが、リナちゃんの方から僕を見つけてくれました。

僕の写メは加工していないので、わかりやすかったんだと思います。

「すみません、リナです」

と、少し負のオーラを放ちながら、申し訳なさそうにリナちゃんから声をかけられ、

「あ、こんにちわ!人多いですよね(笑)」

と、愛想を振り絞って答えました。

――出会い系サイトに慣れていないようなことを直メで言っていたので、今日は「紳士的」にふるまう作戦です。

デートっぽくするためにヨドバシの中やマンダラケなどをブラブラしタリーズコーヒーに入り休憩しました。

そこでリナちゃんは少し僕のことを信用したのか、

「1週間前に彼氏と別れて……」

と打ち明けてくれました。

予想的中です!!

失恋女子は若干せっかち

リナちゃんは2年付き合った同じ年の彼と別れたばかりだそうです。

「今日、ホントに楽しくて、なんか私達付き合ってるみたいで」

と、若干せっかちな認識をしています(汗)

しかし、この言葉から一気にモードが切り替わり、カフェを出ると、リナちゃんの方から腕を組んできます。

アキバのカオスな雰囲気も、彼女を積極的にさせたんだと思います。

そのまま歩いてラブホに突撃!

リナちゃんは最初かなり照れていましたが、フェラ→69→挿入と進むうちに興奮してきて、1時間後には僕の上で激しく腰を振っていました。

ストーカー対策も忘れずに

僕はあくまでも出会い系ナンパ師を自称しているので、現在のところ彼女は必要としません。

エッチのあとにベッドでの甘えた態度を見ていると、「本気モード」になりそうだったので、可愛そうですがストーカー対策をとりました。

聞かれた連絡先は、いつでも捨てられる「050」と「フリーメール」、LINEはブロックすれば済むのでこれでOKです。

住所も若干ずらした場所を教えました。

出会い系では女の子もストーカーになりやすいので、妻帯者はとくに注意が必要です。

ちょっと心苦しいところもありますが、失恋女子とのエッチ体験でした。

-実際に出会った体験談

Copyright© 出会い探検隊|美女誘惑 , 2019 All Rights Reserved.