実際に出会った体験談

出会い系サイトは出張時でもできる!地元大阪女子とのエッチ体験談

投稿日:11月 10, 2017 更新日:

まいどです、ヒロケンです。僕は身を入れて仕事をするタイプではありません(笑)

しかし、残念なことに長く居続けるとそれなりに責任ある立場になったり「出張」という、僕が最も忌み嫌うものを避けられない状態になることもあります。

なぜ僕が出張嫌いかというと、もちろんそれは、

「出会い系サイトができないから」

です!

うちの会社は、1年に2回ほど1週間ほどの出張が義務付けられていて、これまでそれが苦痛でたまらなかったのです。

ですが、ある日気づきました。

「出張しててもアポ取れるかも?」

そうです、出会い系サイトはもはや”全国区”で、北は北海道から南は沖縄まで、ネット環境のあるところならばどこでも地元の女の子とアポが取れるのです。

僕は出張でもあきらめず、女の子を現地調達することにしたのです。

やってみて分かった「他府県の男はモテる」という事実

うちの会社の出張のパターンは「最初忙しくて、後半は遊び半分」といった感じです。

1週間の後半になると、2時や3時にタイムカードを押すことになるので、時間はたっぷりとあります。

仕事中にサイトの掲示板を次のような文面で更新しました。

「東京から大阪に出張で来ています。夕方から遊べるOLさんとかいないですか?」

と軽い文面ですが、たくさんの大阪地元女子からのメールがあり、むしろ東京よりも多かったくらいでした。

他府県からの違う文化圏の男は意外にモテるという発見です!

アポが取れたのは本町勤務の小柄なOLさん

大阪は本町・淀屋橋などがオフィス街では有名らしく、メールをくれて反応が良かったメグちゃんも本町の金融関係の企業に勤めるOLです。

「地下鉄阿波座」という駅で待ち合わせると、メグちゃんは小柄でちょっとポッチャリとした可愛い印象の女の子でした。

品が良さそうで、関西訛りに男心をくすぐられます。

メグちゃんも僕が気にってくれたようで、近くのサラリーマンだらけの小さな居酒屋に行きました。

住んでいるところがこれだけ離れていると、会話のネタには困りません。

料理も美味しくてテンションも上がり、どちらからともなくラブホ行きが決定しました。

タクシーでワンメーターくらい行ったところのラブホに入り、テンション高めな二人はじゃれ合いながらベッド・イン。

メグちゃんのムチムチボディを堪能しました。

ラテンのノリで明るくスポーティーなエッチ!

しかし、大阪の地元女子はみんなあんなに明るいんでしょうか?

フェラしてるときも挿入してからも、感じながら笑顔を見せてくれるんですね?

明るくスポーティーなエッチも悪くありません。

ちょっと酒を飲みすぎていて1回しか射精できなかったのが残念でした……。

しかし、出張期間の残りの1日また会える約束ができ、同じホテルでエッチできたので、大阪を心から満喫することができました。

出張時の出会い系はキャンペーンチャンスのようなもの

これまで出張というと心が暗くなっていたのですが、これからは逆に楽しみになりました。

東京の出張サラリーマンがこれほどモテることを知っていれば……と悔やまれます。

とにかく、出張時の出会い系はキャンペーンチャンスみたいなものなので、これからもチャンスを活かしていくつもりです。

\↓今回使ったサイトはココ↓/ 今なら無料でお得なポイントゲット!
┗ 18歳未満は利用不可 ┛

-実際に出会った体験談
-

Copyright© 出会い探検隊|美女誘惑 , 2019 All Rights Reserved.