実際に出会った体験談

既婚者女性は安全!出会い系で不倫主婦と遊んだ体験談

投稿日:10月 23, 2017 更新日:

出会い系とはいえ、女性のほうが恋愛感情を持ってしまうことも少なくありません。まいどです、ヒロケンです。

こちらも恋愛目的ならば問題ありませんが、多くの男性はいまだに「エッチのみが目的」のはず。

僕も2回ほど逆ストーカーにあったこともありますから、言動には注意が必要です。

そして”もっとも安全ライン”と考えられるのが「主婦の不倫相手」です。

主婦ならば、家庭を潰してまで出会い系にのめり込みませんし、最初から「肉体的欲求を満たすため」にサイトを利用しているのです。

エッチのみ目的で出会い系を使うなら、最初は「既婚者」を狙ったらいいと思います。

専業主婦は「昼間」に欲情する?

よく聞く噂に、

「専業主婦は昼ドラマを見ながらオナニーする」

というものがあります。

出会い系サイトをやっていて、昼間にサイトを覗くと確かにその噂は当たっていると確信できます。

僕は仕事の関係上、平日に休みがあるので、既婚者を狙ってかなりの確率で成功をおさめているんですね。

――先日昼間のラブホでやりまくった主婦は、36歳のムチムチ主婦でした。

お昼前に僕の掲示板とプロフを新しいものに書き換えると、数分でメールを送ってきました。

「近くで今から遊べる男性探してたんです。長時間は無理ですけど、それでもよければ……」

と、完全にヤリモクの内容です!

ちょっと忙しい既婚者との出会い

「既婚者」と言っても、生活スタイルはさまざまなのですが、正午付近にアクセスできる主婦は時間がないことが多いです。

子供を保井育園に迎えに行かなければならなかったり、夕飯の支度に追われたり、旦那の帰ってくる数少ない時間を楽しもうというのですから、しかたがありません。

先日の主婦などは、LINE交換をした時点で、

「ごめんなさい、あと4時間しか無いの……」

と釘を刺されました。(笑)

でも、こんな様子の主婦ならば、バックレもありません、確実にヤれます!

大急ぎで準備をし、走るように家を出て待ち合わせ場所の三鷹へと向かいました。

既婚者ならば煩わしい駆け引き無用!

主婦の名前はMさんとしときましょう、三鷹駅で待ち合わせたとき、マスクを外しませんでしたが、色気が全身から放たれているような女性でした。

「じゃあ、行きましょうか」

Mさんはマスクも取らず、会って5秒で僕にそういい、タクシー乗り場へ向かいます。

Mさんがドライバーにラブホの住所を伝え、10分で到着です。

これは下手をしたら、風俗の待ち時間より早い展開です。

既婚者とは「男女の駆け引き」さえ無用なのです。

よだれを垂らしながらイキまくる主婦

ラブホに入室すると、

「一緒にお風呂入りません?」

とMさんはマスクをやっと外しながら僕に言います。

母性のあふれる丸顔で、これから旦那を裏切る主婦だとは到底思えない雰囲気……。

言われるがままに一緒にバスルームに入ると、軽くシャワーだけ浴びてキスをせがまれました。

肉好きのいい体に興奮した僕は「フェラしてもらっていい?」というと、激しい舌使いでペニスを舐め回します。

入れたくなってベッドに誘い、股を開かせてクンニすると、隣の部屋まで聞こえそうな声でよがり、僕の上にまたがってきてペニスをつかんで自ら挿入!

グッと奥まで差し込むと、その時点でイッテしまったかのように細かく痙攣し、口からよだれを垂らしているのには興奮!!

結合部分もMさんの愛液でグチャグチャになり、緩めのマンコの具合がたまりません。

バック→騎乗位→正常位と突きまくると、狂ってしまったのか?というほどイキまくり、また騎乗位になって腰をグラインドされフィニッシュの兆候が……。

「あ、あの、イキそうです」

と僕が言ったら、騎乗位のまま抱きつかれて両足をMさんの足でロックされ、抜くこともできず、そのまま中にぶっ放して終了しました。

終わるとあっさりしている主婦

中で射精し、2人で放心状態になり余韻と少しだけ楽しむと、Mさんはおもむろに僕から離れて、

「一緒にシャワーする?」

と言われました。

そこで第2弾……かと思いきや、

「ごめんね、時間なくて。もう行かなきゃ……」

と、意外にあっさりと別れを告げられました。

この後腐れなさが安全で最高なのですが、出会い系に情愛を求めている人には向かないかもしれませんね。

-実際に出会った体験談

Copyright© 出会い探検隊|美女誘惑 , 2019 All Rights Reserved.