実際に出会った体験談

こっちが心配するほど無防備な上京JDと家パコ体験談

投稿日:10月 6, 2017 更新日:

まいどです、ヒロケンです。

わたくしヒロケンも、大学入学を機に田舎から上京し、そのまま東京でリーマンになったパターンです。

上京組では友人が大量にできて忙しくなる人と、東京に馴染めずに孤独になる2つのケースがあります。

出会い系サイトを利用する女子は、どちらかというと後者が多く、寂しさと性欲のはけ口のためにサイトに書き込みをするのです。

最近この上京JDがPCMAXなどの出会い系に多く、さっくりと楽しんできた体験談を書きます。

無料の掲示板に書き込んですぐ反応

PCMAXでは1日に1回ならば掲示板への書き込みが無料で、ポイントが減少しません。

掲示板にはカテゴリーがあって、その日は「今からあそぼ」にこちらの簡単なプロフなどと挨拶文を書きました。

1時間も待機していると、反応の通知コールが……。

「掲示板見ました?都内在住の女子大生18歳。ミクちゃんです。☆今から遊びませんか?」

自分のことを「ちゃん付け」で呼ぶ女の子はだいたい軽いです。('ω')

すぐに返信し、なんと”一往復でLINE IDゲット!!”しました。

直メでやり取りをすると、岡山県から大学進学のために上京してきた寂しがり屋さんのJDです。

写メからは判断できないほど画像にクセがありましたが「18歳」ということで、とりあえず合格です。

小柄なJDはロリ童顔でボルテージ最高潮

待ち合わせに使った東急の伊東屋に現れたミクちゃんは、身長150cmくらいのロリ童顔な女の子。

顔自体はそれほど美人ではなかったですが、肌が透き通るようで、アソコがうずくようです……。

「ヒロケンさんですか?」

5メートル手前で僕を見つけ、満面の笑顔で挨拶してくれます。

性格もよさそうで、ホッとしました。

以前から何度か使っている、女の子に人気のカフェに連れて行くという約束をLINEに移動した段階でしていたので、歩いて向かいます。

JDには最適なおしゃれカフェです。

カフェで意気投合「ヤレる!」と判断

18歳なので酒は飲めませんが、クミちゃんはなかなか気立てのいい子で、恋愛談義が盛り上がります。

ジンジャーエールを飲みながらピザをパクパク食べる姿は、JDというよりも子供そのものでしたが、時折垣間見せる大人の女の表情が可愛くてたまりません。

ふだんからお金が苦しいらしく、全然遊んでいないので、この店に入ったときにも目をパチクリして感動していました。

出会い系でも、デートにはある程度のお金をかけなければなりません。

へんな話術よりも効果があります。

僕はクミちゃんの表情から「すぐヤレる!」と判断したのです。

僕のこれまでの出会い系戦績の中で、「JD」も「18歳」も初だったので、冷静さを失うほどテンションがあがりました。

ラブホに誘ったつもりが・・・

ミクちゃんを見てるともうたまらなくなり、

「どこかゆっくりできるとで話したいな」

と切り出しました。

この店の周辺ならラブホは数件知っているので、速攻でハメられます。

「じゃあ……うち来ますか?」

……!!!

なんという無防備さ!(@_@;)

(出会い系で初対面で会った男を自分の部屋に引き入れるなんて……)

にわかに信じがたい彼女の言葉に一瞬たじろぎましたが、ホテル代もかからないので、メリットしかありません。

出会い系初の「家パコ」は最高だった!

借りているマンションは初台駅のすぐ近くだそうで、渋谷からなら2000円もかかりません。

タクシーに乗って運転手さんに気づかれないようにクミちゃんの手を握ると、ギュッと握り返してくるところが、またカワイイのです。

6畳ワンルームはめちゃくちゃ狭く、荷物でごった返していましたが、それがまた臨場感を高めます。

シャワーに入りたがるクミちゃんを引き止めて服を脱がし、前戯を始めると、声を押し殺して喘ぎます。

多分壁がかなり薄いようで、隣に気を使っているんでしょう。

でもクンニと手マンでイカせると、気が狂ったように積極的になり、騎乗位でガンガン腰を振っていました。

部屋パコは時間を気にすることもないので、ゆったりとエッチに没入することができます。

18歳の体はたまらないほどフレッシュで、キスもフェラもドヘタでしたが、存分に若い体を楽しむことができました。

その日は金曜日だったので、土曜は泊まり込んでパコリまくり、日曜の夕方に帰宅しました。

クミちゃんはセフレ化し、半年経った今でもときどき家パコしに初台まで通っています。

-実際に出会った体験談

Copyright© 出会い探検隊|美女誘惑 , 2019 All Rights Reserved.