実際に出会った体験談

出会い系サイトで県外遠征(埼玉)は泊まりの旅となりました

投稿日:9月 23, 2017 更新日:

こんにちは、ヒロケンです。

出会い系サイトやってると、不調続きでまったくアポまでつながらないことも少なくありません。

出会い系サイトには波がつきもの・・・

先日3日で1万円も課金したにも関わらず、直メまではもっていけるものの、そこからがダメダメ続きです。

(メールの内容が悪いのか??)

と、自分の送ったメールを見返したりしましたが、思い当たるところがありません……。

こんなときもあるさ!!

と諦めかけていた頃、掲示板を見た女の子からの着信通知です!!

相手は埼玉県!さあ、どうするか!?

メールの相手は、なんと「埼玉県」でした……。

うちからは車で飛ばしても渋滞を考えると1時間以上かかります。

はじめての県外でのアポに、少し迷いが出ました。

でも、とにかくつなげておかないと話にならないので、10往復ほどサイト内でやり取りし、LINEのIDを聞き出します。

チョイポチャっぽい感じの写メだったけど、日テレのあの人気女子アナみたいな色白で、なかなかのチャーミング。

エッチ系の話はできなかったけど、相手はかなり乗り気で、電話の声もハイテンションです。

「できれば今から遊べませんか?」

と積極的に誘われ、かなり好みのタイプということもあり、思い切って会いに行くことを決意!!

待ち合わせ場所に現れた女の子はモロにタイプ!

27歳のOLだというその子(夏美ちゃん)は、待ち合わせ場所の戸田駅近くのびっくりドンキーの駐車場に現れました。

写メよりも全然キレイで、27歳とは思えない童顔……そして巨乳ちゃんです!

よく喋る子で、屈託がなく、そしてよく食べる子でした(笑)

なんでも、つい最近3年付き合った彼氏と別れたそうで、それで出会い系サイトに登録したんだとか……。

この流れはマズイか!?

ハンバーグ

夏美ちゃんは、ディッシュプレートを食べ終わると、スイーツとコーラを注文し、延々と喋り続けました。

1時間以上もびっくりドンキーで食事をし、しだいに不安になってきたのです。

(この流れはもしかしてヤバイか……?)

もしかしたら夏美ちゃんは、恋愛話だけをしに出会い系サイトをやっていたんじゃないか?と心配になります。

あまりエロさを感じないマジメそうなタイプなので、今日は”エッチなし”も覚悟し始めました……。

ただ、「出会い系ナンパ師」を自称する僕ですから、なんとか食い下がり、

「食事終わったら、どこか行こうか?」

と催促気味に言うと、突然夏美ちゃんは表情を変え、少し照れたような仕草をします。

僕はその表情を見逃しませんでした!!

なかば強引にホテルに突撃!!

びっくりドンキーを出た僕たちは、車内で「どこ行こっか?」と話ながら駅周辺を走りました。

しばらく行くと、遠くにラブホらしきネオンを発見し、白々しく近づきます(笑)

車の中の密室状態に、夏美ちゃんは少し緊張気味で、心なしか興奮しているようにも感じたので、信号待ちのときに引き寄せてキスすると、すんなり受け入れてくれました。

そのままラブホの入り口が見えたので、急旋回して突撃!!

夏美ちゃんは「あ!!」と一瞬たじろぎましたが、その後はとくに抵抗することもなく車を降りてフロントまでついてきてくれました。

精算するとき、

「あの、今日泊まりでもいいです……」

と、控えめな言い草で積極的なことを言ってくれたのには驚きです!

埼玉県は東京よりもかなりラブホ代が安いので、僕も躊躇せずOKします。

朝まで濃厚エッチが続きギリギリチェックアウト

部屋に入ると夏美ちゃんは完全に”発情”し、交互にシャワーを浴びるとチューハイ飲みながらすぐにエッチに突入です。

クンニはかなり恥ずかしがっていたけど、ドハマリしたみたいで2回も昇天していました。

肉感的な体型は抱き心地最高で、何回も挿入と発射を繰り返し、濃厚なエッチは朝方4時くらいまで続きました。

目が冷めたのは退室メリットの30分前で、急いで服を着てチェクアウトしたので、車の中にエッチの残り香が漂っていました……。

二人でコーヒーショップで朝コーヒーをし、そこで別れです。

県外遠征もたまにはアリ

出会い系をやっていたら、たまには「県外遠征」もアリだと思います。

今回の一件で、狭いエリアにこだわってチャンスを逃していたことに気づいたのです。

-実際に出会った体験談

Copyright© 出会い探検隊|美女誘惑 , 2019 All Rights Reserved.