実際に出会った体験談

まるで昭和の情事!出会い系で知り合ったシングルマザーとの自宅アパートエッチ体験談

投稿日:5月 6, 2018 更新日:

こんにちわ!当サイト管理人のヒロケンです!

日々サイトを使ってワンチャン・ラブを試みる、出会い系ナンパ師です。

こんな僕でも出会い系での成功率は100%とはいきません。

できるだけ確実性の高い女性を探しているのが実情なのです。

最近狙って成功率を高めているのが「シングルマザー」です。

つい最近出会い系で知り合った、大胆なシンママとの体験談を紹介します。

こんなシングルマザーを狙う!

一言で「シングルマザー」と言っても、一括りにできないほどさまざまなタイプの女性がいます。

子供のいる夫婦が離婚をすれば”シングルマザー”になるわけですから、それも当然ですね。

そこで僕がいつも狙っていて、成功率が高いと感じるシングルマザーは「20代前半」のごく若い女性たちです。

子供がある程度大きくなったシングルマザーは、子育てにも大変なエネルギーを使うようで、自分の恋愛や性欲の発散にはあまり意識がいかいのでしょうね。

その点、離婚したてで、かつ子供が乳幼児くらいのシンママは、心身ともに”寂しくてたまらない”といった状態になるんだと思います。

今回出会い系で引っかかったシンママも、離婚をしてまだ8ヶ月で子供が1歳の、できたてホヤホヤのシンママさんでした・・・。

メッセージが来たのは正午過ぎだった


シングルマザーの活動時間は、子供の大きさや仕事をしているかどうかで違います。

今回出会ったシングルマザーは、僕が会社で昼休憩が終わり、だらだら仕事の準備をし始めようとした矢先にメッセージをくれたのです。

「はじめまして、遥香です。。
ヒロケンさんのプロフを見てメッセージしています。
21歳のシングルマザーですけど、興味ありますか?」

と、なんとも控えめなメッセージですが、これは長年の出会い系ナンパ師の直感で「イケる!!」と感じました!

周囲に気をつけながら、仕事をしながらメールを交換し、気がつけば終業時間前の4時半になっていたのです。

直アド・アポ取りも成功!

遥香ちゃんとは話も合い、スピーディーなメール交換を交わし、気がつくと3000円分もポイントを消費していました。

直メに移行するタイミングを逸してしまっていたのですが、遥香ちゃんの方からLINEの交換をお願いしてきて、ようやく直メできるようになり、胸をなでおろします。

LINEに移行してからは、さらに濃密な会話し、ビデオ電話で初顔合わせ。

遥香ちゃんは、美人ではないけどキュートで肉感的な”抱きたくなる”タイプの女性(^^)!!

遥香ちゃんの方から「明日遊びませんか?」とお誘いがあり、翌日アポを取ることに成功!

初メッセージから3日でアポまで行き着くことができました。

まあ、これでも比較的早い展開ですね。

いざアポへ!


遥香ちゃんの希望で、彼女の家の近くがいいということになり、アポは京成立石駅の近くのドトール。

時間は昼の2時、日曜で僕も休みなので、即決です!

約束時間の10分前に駅に到着をすると、すでに遥香ちゃんらしい人の姿が見えました。

向こうもすぐにこちらに気づき、

「ヒロケンさ~ん!」

と大きな声で僕を呼びます。

春香ちゃんはビデオ電話で話したときよりも数倍可愛く見え、たぶん誰が見てもバツイチのシングルマザーだとは思わないでしょう。

「早く着いたんですね!」と小走りに遥香ちゃんに駆け寄り挨拶をし、近くにあるドトールコーヒーでお茶をすることになりました。

<h2>テンションが高いシングルマザー</h2>

ドトールコーヒーの店内はお年寄りだらけで、デートという雰囲気ではありません。

それでも遥香ちゃんは元気いっぱいで、ちょっと引くくらいのハイテンション・・・。

話が盛り上がらないよりはいいか、と思いながら、僕も向こうのテンションになるべく合わせて話ていると、遥香ちゃんがこんなことを言って驚かせます。

「ねえ、子供うちに置いてきちゃったから、一回家に帰らなきゃいけないんだけど、一緒に来てよ」

・・・そうです、僕は子供の存在を知っていたにもかかわらず、そのことを忘れていたのです。

しかし、1歳の子を家で1人にしておくとは・・・。

まさかの展開が始まる・・・


遥香ちゃんは駅からほど近い場所の木造アパートに住んでました。

2Kのアパートで、かなり築年数は経っているようですが、それなりにきれいにされています。

部屋に入ると遥香ちゃんはすぐに奥の部屋に行き、眠っている子供の様子を見てから、僕にも見るように促します。

「可愛いでしょ、リナっていうの」

僕はこれからエッチをしようという相手の子供を見せられたことで、複雑な気持ちになりましたが、僕の腕を掴んで「あっちの部屋行こうか」と引っ張る遥香ちゃんの胸が当たり一気に興奮モードに入ります。

子供の寝ている部屋のふすまを閉めると、すぐにキスを要求され、そのまま唇を合わせます。

(お~い!ここでやるんじゃないだろうな??)

と不安になりましたが、キスしながら服を脱ぎ始める遥香ちゃんを見て腹をくくります。

子供が寝ている横で、その母親とエッチを始めるなんて、まさかの展開です・・・。

どこか背徳感のあるエッチ


遥香ちゃんが全裸になったので、僕も服を脱ぎました。

パンツを下ろすとすぐに遥香ちゃんがフェラ攻撃をしてきて、そのテクニックの凄さに驚かされます!!

遥香ちゃんはま21歳といえども、さすがは元既婚者、セックスなれしています!

 

しかし、隣の部屋で彼女の子供が眠っていて、その横で素っ裸になっている異常さに僕は強い背徳感のようなものを感じ、いつもとは違った興奮をおぼえてしまいます。

シックスナインをし始めると、遥香ちゃんは子供に遠慮なく声を上げ、

「あ~気持ちイイ~!!」

を連呼。

挿入するとさらに喘ぎ声が大きくなり、僕は隣の子供と、防音率の悪そうな和室アパートの壁の向こうにいるであろうお隣さんに気を使いながら、いつもより若干弱めのピストンを続けます。

2回戦をやる気分にはなれず・・・


行為が激しくなり、僕がイキそうな予兆を表し始めると、遥香ちゃんの口からちょっと恐怖を感じる一言を聞きます。

「中で出して~~!」

普段ならそんな言葉に喜んで遠慮なくぶっ放すところですが、隣の部屋で彼女の子供が寝ている状況では、嫌でも”妊娠”を連想してしまいます。

もしかしたら、彼女は妊娠することや今日出会ったばかりの男とのエッチであったも平気で子作りしちゃうような価値観の持ち主なんではないか?と考えると、そこはかとない恐怖を感じてしまいました。

結局フィニッシュは遥香ちゃんのお腹の上にぶちまけ、エッチは終了したのでした。

遥香ちゃんはそれでも不機嫌な様子もなく、満足していましたε-(´∀`*)ホッ

どうも慣れないシチュエーションに2回戦をやる気分ではなく、一緒にお風呂に入ってコーヒーを入れてもらい、一服し、どうも居心地の悪さを感じ、また会う約束をして早々に彼女の部屋を出ました。

これまで何度か出会い系でシングルマザーとエッチをしてきましたが、さすがに「子供が寝ている部屋の横」で行為をしたのは初体験です。

昭和の日活ロマンポルノを実体験したような妙な感覚に襲われながら、家路につく僕なのでした。

※シングルマザーとエッチをしたアプリはこちら→PCMAX

-実際に出会った体験談
-, , , ,

Copyright© 出会い探検隊|美女誘惑 , 2019 All Rights Reserved.