実際に出会った体験談

PCMAXで出会った24歳とラブホ突撃!「デブ」って言ってたけどグラマーな激エロボディーだった体験談!

投稿日:3月 27, 2018 更新日:

こんちわ、ヒロケンです!

女性の感覚って男性とは違いますよね?

そこんところを知っておかないと、出会い系でもいい出会いができません。

出会い系ナンパはまさに”心理戦”で、「女性心理」をどれだけ深読みできるかが勝利のカギなんですね。(*'ω'*)

先日、結果的には成功しましたが、女性心理の難しさを実感した事例を告白しちゃいましょう。

PCMAXで新規登録者狙い

PCMAXなどの出会い系サイトでは「新規登録者」はかなりの狙い目です。

別に長くやっている女性が悪いわけではないのですが、新規登録者はどこか初々しくて危なっかしく、そして魅力的なんですね。

メールの途中で消えてしまうことも少なくありませんが、そのデメリットを考慮してもやはり新人さんはいいんですね。(^^♪

ということで、先日新規登録の24歳のOLさんを発見し、早速メッセージを送りました。

するとすぐに返信があり、次のような内容が書かれていました。

こんにちわ、ミウです。メッセージありがとう!
ヒロケンさんってどんな方なんですか?
先に言っちゃいますけど、私は見た目完全に”デブ”なんで、もしタイプじゃなかったらごめんなさいね(>_<)

・・・と、ずいぶんネガティブな彼女なのでした。(*'▽')

写メなしスペックは秘密な彼女・・・

ファーストコンタクトで自分から「デブです」と暴露され、写メはなし、スリーサイズなども書かれていなくて、相手を推し量る術を失った僕・・・。

”デブ”と言っても60kgくらいから3ケタ超えまでいろいろなので、悩むところです。

女性に外見のことであまり詮索することもできず、とりあえず話を盛り上げることだけに終始しました。

そのままアポまでつなげるかどうか、この時点では「5050」の状態・・・。

難易度の高い心理戦は、メール20往復ほど進んだのでした。(>_<)

 

悩みながらも直アドゲット

夜の7時くらいに最初のメッセージを送り、うだうだやっているうちに10時になっちゃいました。

悩みながらも直アドをゲットし、PCMAXから離脱しLINEで会話を始めます。

直メになったので、こちらから別の写メを送り、やんわりお返し写メを期待しましたがその作戦もダメでした・・・( ;∀;)

もう一度この時点で「このまま話を進めるかどうか?」を迷いましたが、なんとなく成り行きでアポまで

進んで行ってしまいました。

LINEの無料電話でミウちゃんの生声も聞きましたが、もちろん声で容姿を推測することはやはり不可能・・・。

待ち合わせは池袋

ミウちゃんとは2日間チャットのやり取りを続け、ついに会うことになります。

待ち合わせは池袋の「いけふくろう」

”デブ”という言葉を脳裏に浮かべながら、不安な気持ちでミウちゃんを待ちました。

「あの~~ヒロケンさんですか??」

か細い不安げな声をかけてきたのはミウちゃんでした。

!――('Д')――

そこに立っていたミウちゃんは、「デブ」どころか、かなりの”グラマー”で、ある意味「理想のプロポーション」と言っても過言ではありません。

少し体は大きいものの、ボンキュッボンッ系の峰不二子体型!

 

顔は元バトミントンオリンピアの潮●玲子さん似でかなり可愛い美人さんです!( `ー´)

 

――(”デブ”って単なる彼女の「謙遜」だったのね・・・)

と、女性心理の難しさを実感したのでした。

盛り上がる居酒屋デート

ミウちゃんが飲みたいというので、池袋駅近くにある個室居酒屋『楽楽』に行くことに・・・。

この2日間、ミウちゃんがデブかどうか?ということで悶々としていたので、一気に開放されて僕はかなり饒舌になりました。(#^.^#)

 

2日間親交を深めていたことで、一気に話も盛り上がり、ラブホになだれ込める可能性もほぼ確実!

ミウちゃんは学生の頃、かなり本気でソフトボールをしていたそうで、それで体型も大きめなようです。

あまり男性経験がないことから、自分の大きな体にコンプレックスを持っているようで、「デブ」と思い込んでいたんですね・・・。

ついにラブホへ突撃!

居酒屋でかなり盛り上がって酒も飲み過ぎなほど飲み、若干エロモードになったところでお会計。

そのままラブホ街の方に歩くと、どちらからともなくホテルへ突撃!

 

入室して軽くキスをして、一緒にバスルームへ・・・。

服を脱いだミウちゃんは、Gカップはあろうかというかなりの爆乳!

しかも腰のくびれが凄くて、さらにデカ尻で日本人離れしたグラマー体型!( Д)

 

恥ずかしながらその場で勃起してしまい、ミウちゃんは優しくフェラを始めてくれました。

エロボディーを存分に食い尽くす!

バスルームでのフェラで暴発寸前な僕・・・。

すぐにでもミウちゃんにぶち込みたくなってベッドに移動。

長い脚を開かせてクンニを始めると、

「ンッああぁぁぁ~ン!!」

 

と大きく喘ぐミウちゃんに、前戯もソコソコに挿入!!

そこからグラマーエロボディーをたっぷり4時間食い尽くし、完全に果ててしまった僕なのでした。(*´▽*)

 

今回の一件で、「女性の自己評価ほどあてにならないものはない」と深く知ることになりました。
たまたま結果オーライに終わりましたが、この逆パターンもきっとあるはず。(*_*)
さらに修行を重ねて、女性心理と洞察力を高める必要を感じるのでした・・・。

グラマー女性とエッチできたサイトはココだ! ⇒PCMAX

-実際に出会った体験談
-, , , , , ,

Copyright© 出会い探検隊|美女誘惑 , 2019 All Rights Reserved.